FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番第3楽章
「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」
Heiliger Dankgesang eines Genesenen an die Gottheit,
in der lydischen Tonart

http://www.youtube.com/watch?v=m9gdlRyaeGM



+++
  +++
    +++



休日の散策中に、ふとベートーヴェンの“第九”が頭によぎった。
交響曲(Sym-phonie)は、当時“器楽”のみで演奏されていた。
ベートーヴェンは、9番目に作った交響曲に、“言葉”を取り入れた。


「常識を打破する行為」
既存の概念から、まったく新たな発想を取り入れること。


ベートーヴェンは、何かとても大切な事を第九で伝えたかったのでは?
ふと思ったので、散策の後ウェキペディアで検索してみた。


シラーの「歓喜によせて」の歌詞を読む。
すると、今まで気づかなかったことに気づいた。

  「星空の彼方に神を求めよ
   星々の上に、神は必ず住みたもう」〈シラー)


この神は、キリスト教の神ではなく、
もっと普遍的な〈神なるもの〉を指しているのではないだろうか?


人類愛・平和・感謝・自然賛歌・歓喜・希望・祈りなど・・・

ベートーヴェンが、神と呼んでいたのはこういうことだったのか!

地球を愛し、平和な世界を祈り、自然によって育まれる
緑溢れる大地に感謝し、歓喜に溢れた世界を創る。
神によって生かされていることを感謝し、歓喜せよ。

この思想は、今の〈エコ〉と通じるもの。
昔から在るアニミズム、宗教以前の先祖崇拝、自然賛歌、
自然環境、地球生命体、命溢れる豊かな世界を願う。
今も昔も願いは同じなんだ。
そうだったのか!


ならば、これ以降のベートーヴェンは、
音楽に普遍的な〈祈り〉を求めたのでは?


         第九以前        第九以後
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音楽:       芸術(美)      祈り(善) 

表現方法:    内的主観表現      脱自我
 

ベートーヴェンは、第10番目の交響曲に
ゲーテの『ファウスト』を用いようとしていたという情報も知った。


改めて、第九以降の作品を聴いてみる。

弦楽四重奏曲第13・14・15番を聴く。


驚愕した!!!
もはや、音楽であって音楽でない。
ベートーヴェンが作ったようで作っていないかのような。
自我がそこにはなく、感謝、祈り、希望、平和そのものの
音の連なりがそこに在る。

高次元の領域でベートーヴェン自身が音楽そのものとなり、
音で世界と宇宙を行き来しているような…。

ベートーヴェンは、弦楽四重奏曲で〈祈りの音楽〉を実現して、
『ファウスト』で最後の壮大な交響曲を創ろうとしていたに違いない。
「大フーガ」を作ったのも、
ファウストで劇的に用いようとしていたのでは?

ベートーヴェンの晩年の作曲様式を、
ロマン主義の萌芽としているが
ロマン主義などでは全くなく、

祈りの音楽、

プラトン〈真・善・美〉の
美的領域(aesthetik)から善(bonus)の音楽へ、

カントが実践理性批判で
倫理・道徳に人間の基準を求めた善の領域のように、

ゲーテが『ファウスト』で内なる道徳律(第一部)から
輝ける星をちりばめた空(第二部)で見せた神秘劇のように

〈神そのものとの対話の音楽〉だと思う。

啓蒙主義の時代だからって、
人間中心主義を称え、自我を貫き通したわけではない。
ちゃんとした普遍的な理念が在ったのだ。

ベートーヴェンは、
彼の人生の中で最後の最後に、至福の最高の作曲技法を見出した。
祈りを通じて成し遂げた本当の偉人なんだと思う。

あの世で交響曲第10番は、
多くの聴衆へと披露されていることだろう。
安らかに眠らんことを、ベートーヴェン!!!





ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番
http://www.youtube.com/watch?v=kW8wdpfkpM0&feature=related



最後に、散策後に立ち寄った本屋で偶然手にした本であり、
なおかつ自分と同じ視点から捉えて、なおかつそれ以上に多くの
ご教授いただいたこの書物に感謝。

青木やよひ『ベートーヴェンの生涯』平凡社、2009

善いこと書いておられます。

「最後の四重奏曲群では、もはや自我の主体者として語ることはない。
   ・・・
 この神秘的で静謐にみたされた世界-
 かつて二十歳そこそこの私がそれに打たれたのはなぜか?
 人間存在の究極の意味がそこに感じられたからだ。
 長い人生の間には喜びも絶望もあり、
 そして人は誰しも過ちをおかすものだろう。
 しかし最後まで、
 人間を超えた大いなるものに対して敬虔であるように努めること、
 それが生きる意味だ、と。」(op,244)


     さんきゅう、感謝、Dankbarkeit!!!



ゲーテ『ファウスト』第二部より終幕

chorus mysticus
(神秘の合唱)

Alles Vergängliche
Ist nur ein Gleichnis;
Das Unzulängliche,
Hier wird's Ereignis;
Das Unbeschreibliche,
Hier ist's getan;
Das Ewig-Weibliche
Zieht uns hinan. 

  …我らをひきて昇らしむ。




スポンサーサイト

希求するベートーヴェン、第31番

最近、音楽をあまり聞かなくなった。
一日を過ごしている中で、
音楽を欲する時間が、
確かに減った気がする。

以前の日常と変わりつつも、
しかし、
ベートーヴェンのピアノソナタ第31番。
時々、この音楽を無性に聞きたくなる。

ベートーヴェン。
彼は、音楽に自分の人生すべてを
書き出す行為を試みた。
「作品=ベートーヴェン自身」
という壮大な表出行為。

特に晩年の作品
(第九、ピアノソナタ第31番・第32番、
弦楽四重奏曲14・15・16等)
を聞くと、本当にそう感じる。

彼の人生は紆余曲折の連続だった。
失恋・裏切り・借金・病気・孤独など
考えられる苦悩は、一通り経験したようだ。

その中でも、一番の苦悩は何だったか?
それは、
音楽家でありながら、
耳が聴こえなくなったことだ。

耳が聴こえなくなるということ。
想像に絶する苦悩だったに違いない。

ピアノ・ソナタ第31番を聴いていると、
そういう状況下の中でも、
希望という存在が感じられる。
作品の最後で奏でられる壮大なクライマックス。
聴いていると、なぜだか前向きな気になれる。


ベートーヴェンのメッセージは、
つまりこういうことではないだろうか?

自分自身の生を音楽に書き出すことで、
数多くの苦悩を受けつつも、
人生は前向きに生き抜いていけるんだということを、
自らの生をさらけ出すことで、
多くの聴衆に希望を与えたかったのだろう。

音楽は希望で在る。
音楽は希望で在るべきである。
希望は、生きるうえで
なくてはならない美学だ。

どんな音楽だっていい。

その人にとって、
希望を与えることのできる音楽。
そんな音楽の力を信じる。
希望の音楽に、感謝。

ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番
http://www.youtube.com/watch?v=Y0Rj3w869bg&feature=related



希求する音、または秋の始まり

秋になると感傷的になる瞬間が在る。
それは、季節の移ろいの中で
身体が求める、希求する本能のひとつなのだろうか。

おのおのが歩んだ歴史。
その欲する音は違えども、
やはり、バッハ。
やはり、ライヒ。

キクことで、何かが満たされる。

ありがたい音に
一音、一音、過ぎし時間を大事にして。

つまり、バッハ。
つまり、ライヒであった。


例えば、バッハの平均律。
http://www.youtube.com/watch?v=G-XpXjCmU9Q
例えば、ライヒの新作『Double Sextet』。
http://www.npr.org/player/v2/mediaPlayer.html?action=1&t=1&islist=false&id=103304036&m=103304258

音の世界へ・・・。

幼いときに、聴いた音の戯れ。
音楽と知らないながらも、
小さい身体で世界を必死に捉えようとしていた時代。

判断するよりも、理解するよりも、
世界を感じようと欲していた時代。

そのときに聴いた音、それがバッハ。

太古の時代から人々が当たり前のように
欲していた宇宙との交叉、
音の戯れは、交流するための道具であった。

音が発する周期的な縁を大事にしながら、
祈っていた時代。

その祈りの時代の音楽を
現代風にした音、それがライヒ。


秋の己 欲する音を調ぶれば
昔の思い 溢れ帰るる   












ベートーヴェンに捧げる希望の歌

自分が困難にぶつかったとき、

ベートーヴェンの
ピアノソナタ第31番を
よく聴いた。

なぜならば、
そこにはベートーヴェン自身が
逆境から耐え抜き、
運命を切り開き、
それを昇華させていった、
不屈の精神、強者の論理、高貴な芸術性
が感じられたからだ。

ベートーヴェンに、
励まされた。

ベートーヴェンが
作曲しながら、
人生必ず生きていれば
いいことがあるんだ。
それを俺(Ich)は、
音楽で証明してみせる。
という強いメッセージが
感じられたからだ。


今回、久しぶりに
ピアノを弾いてみた。
ピアノソナタ第31番を弾いてみた。



音楽は、希望だと感じた。
音楽は、祈りだと感じた。
音楽は、想いだと感じた。

音楽に偽りのない自分を
表現することで、
音楽が自分自身に
なりえる事を知った。

音楽は希望である。
音楽は表現である。
音楽は己である。

音楽に全ての自分を表現することで、
音楽が自分になることを知った。

ピアノソナタ第31番を弾いて、
上手い下手とかの類ではなくて、
ありのままの自分を表現することで、
音楽として音が鳴っている。

そのことが嬉しかった。

音を奏でていること。
その音がありのままの
自分であること。
それが嬉しかった。


今まで音楽と向き合う中で、
このことを教えてくれた恩師、
ベートーヴェンに
最大限感謝したい。


ピアノソナタ第31番の最後も、
希望の明るい長調で終わり、
また、
ピアノソナタ第32番の最後も、
安らかな明るい長調で終わる。

・・・

第32番の最終楽章のリズミカルな
部分も、あれは考えてもしょうがない、
まじめになってもしょうがない。
リズミカルに踊ろうぜ、
ちょっとリズムを与えて、
動きなよ。

そうすれば、限りなく広がる無限の空へ、天上へ
音楽とともにはばたくことだってできるんだ。
表現だから、自由なんだ。
飛んで、空高く舞って、天上へいけるじゃないか。
音楽は自由なんだから。
俺(Ich)は天上の音楽だって作曲できるよ。
第2楽章冒頭の主題、
リズミカルな部分、
そして天上へ羽ばたく部分、
そして、最後に冒頭の主題。
安らかに終わる。

音楽は自由なんだ。


・・・




笑ってなんぼ。
輝いてなんぼ。
元気でなんぼの世の中。

それを教えてくれた
ベートーヴェンに感謝したい。

なんか生きていることが
ありがたいと感じられるように
なってから、
自分自身が強くなった気がする。

いいことも悪いこともある。
すがすがしいときも、
心地悪いときもある。

まあ、でもいいじゃん。


力を抜いたり、
力を込めたり、
正しいことをしたり、
悪いことをしたり。

まあ、でもいいじゃん。



自分の中に在る確固とした
生への感謝があれば、
音楽があれば、
仲間がいれば、
家族がいれば、
笑って生きることができる。



ありがとうございます。




Vielen Danke!
Ich freue mich zu spielen.
Deine Grosse Werke sind unsere Hoffnung.

Danke schoen!
Dankbarkeit!



ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番
http://www.youtube.com/watch?v=Y0Rj3w869bg&feature=related


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。